ORGANIC LIFESTYLE

何で顔を洗うかはスキンケアにとってとても大切だということに

気が付いたのは恥ずかしながら50代に入ってから。


ヌメロトワの企画をするときにお医者様が書かれたスキンケアの本

を読みました。その先生のお薦めはミルクタイプのクレンジングを

使う事でした。市販のオイルクレンジング剤はやめた方がよいとい

うことでした。なぜかというと水と油をなじませるために界面活性剤

がたくさん入っているから...ということでした。

私は45歳からファンデーションを使わなくなったのですが、日焼け

止めは使っているので、石鹸だけでは落ちないだろうと思ってマルティ

ナのミルクタイプのクレンジング剤とGHC(日本生物製剤の化粧品シリ

ーズ、今はLNCになっています)の石鹸のダブル洗顔でした。


何年か前にフランス旅行をした時に、東京より空気が乾いているせ

いか石鹸で洗うと乾燥するようだったので石鹸を使うのをやめました。

それ以降ミルクタイプのクレンジングだけの洗顔でした。GHCの石鹸

も品質はとてもいいのですが、何となくミルククレンジングだけになり

ました。でもこれだけだとすっきり感が足りない感じでした。


おととしの夏ごろに巡り合ったのが、写真左上にある手作り石鹸です。

肌のトラブルに悩んでいた友人(今では)が試行錯誤の上、独自のレシ

ピを完成させ作っている石鹸です。

初めて使った時は衝撃的でした。石鹸なのにこの自然なしっとり感は

ナニ??? さっぱりしながらしっとりするという相反する感覚を

同時に味わえる奇跡的な石鹸なのです。


今のポイントメイクオフと洗顔の方法は...

1. マカデミアナッツオイルを湿らしたコットンと綿棒につけて、

  アイラインとマスカラとリップカラーをとります。

2. 泡立てネットに入れてある石鹸を泡立てて、そっと泡で顔全体

  と首回りを洗います。

これで完了です。

この石鹸は肌の刺激になる成分は一切使っていない上にたっぷり含まれ

ているマカデミアナッツオイルが洗顔後もお肌に適量残るように設計さ

れているので、さっぱりしながらもしっとりするという魔法のような

石鹸です。ファンデーションもこの石鹸で落ちるそうです。


アボガドオイルのものもあり、こちらもVery Good!!

もしかしたらそう遠くない未来にコート・ド・カシのショップでの販売

ができるかもしれません。


毛穴の悩みをよく雑誌などでも見ますが、毛穴などに悩んでいる場合は

クレンジングや洗顔に使っているものを見直してみた方がいいかもしれま

せん。成分を見て界面活性剤がたくさん入っているものはNGです。

毛穴の悩みの原因の一つかもしれません。


それともう一つお教えしたいことが、、、、

40歳を過ぎたら朝は水かぬるま湯洗顔で十分です。石鹸や洗顔料はいり

ません。これもまた別の友人に教えてもらいました。

ヌメロトワを使った頼れる時短スキンケアのご紹介です。

その前に...


「瑞々しい素肌」という言葉があるためなのか、綺麗な素肌に

なりたくて私たちは化粧水に頼りがちです。でも素肌は外側

からの水分をそれほど欲しがりません。よく「浸透する」とい

う言葉を化粧品の広告で見かけますが、浸透すると言っても肌

の内部に水分や美容成分がはいっていくわけではないのです。

肌の角質層まで、つまり周期的に剥がれ落ちていくラップぐら

いの薄い皮!?の部分にだけいきわたるという感じでしょうか。


化粧水は基本的には水分がほとんどですから、当然時間が経

てば水分は蒸発していきます。最終的に肌に残るのは水分以外

の成分だけです。ある皮膚科医の先生の話ではその水分が蒸発

するときに一緒に元々肌にあった水分も蒸発させてしまい乾燥

を招くそうです。

化粧水の元々の役割は、かつてアルカリ性の石鹸洗顔だった

ころ洗顔後アルカリに傾いた肌を弱酸性に戻すために使って

いたそうです。肌に水分を与えるためではなかったというこ

とになります。他には例えば日焼けした肌のほてりを鎮める

ためという役割もありました。


日本では「保湿には化粧水」というマーケティングが盛んに

行われていますので、私自身も20歳から「何はなくとも水分

補給が一番!」とずっと化粧水を使い続けてきました。でも

40歳の秋に化粧水がしみるという経験をしました。化粧水を

あれこれ変えてもよくならず、結局はアルビオン方式、乳液の

後に化粧水という順番に替えたら、しみることがなくなりまし

た。その後10年はその方法でした。

アルビオンはどうしてそのような順番にしたのかというと、

たまたま美容部員の人が間違ってその順番にしたらその方が

お肌の状態が良くなったからだそうです。


ヌメロトワJBPナイトセラムができてからは化粧水は一切使わな

くなりました。美容の記事ではさかんに化粧水を使うといいと

あるので、ためしにまた使ってみたこともありましたがやっぱり

私にはいらなかったです。ヌメロトワJBPナイトセラムのテク

スチャーは化粧水のようにさらさらしているので、必要を感じな

いのかもしれません。

 

私が化粧水はいならいですよ。と言うと皆様とてもびっくり

なさいます。

でも騙されたと思って試してみてください。

騙されたと思って試した方の肌はどんどんしっとり艶肌になって

行きます。そしてファンデーションにさよならする方も。


それではヌメロトワを使った時短ケアをご紹介します。

1. ヌメロトワJBPナイトセラムを直接顔につけます。
(この時、目薬を差す要領でチューブから直接セラムを顔に
 落とすと経済的)

2. 乳液とオイルとセラムを合わせたものでもう一度顔全体と
  デコルテ、そして首の裏まで塗ってください。

たったこれだけのケアで顔とデコルテのケアは終了です。

(乳液、オイル、セラムの割合など詳しくはナイトセラム
 と一緒にお送りする説明書に記載してあります。また
 化粧水は外せないという方のための使用法も書いてあります。)

乳液でお薦めはオーガニック化粧品のマルティナのハッピー

エイジングのシリーズ。乳液なのに界面活性剤も入っていません

し、防腐剤などのケミカル成分も不使用です。ネットで買えば

1本100mlで3500円ぐらいで買えます。


オイルは生活の木のアルガンオイルをメインにローズヒップオイル、

ボリジオイル、ホワイトバーチオイル、バオバブオイル、小麦胚芽

オイルなどをブレンドします。

アルガンオイル3とするとあとのオイルは1ぐらいの割合です。

ブレンドしなくてもアルガンオイルだけでもいいかもしれません。

オイルはオーガニックのものもありますが、そうでないものも

あります。

生活の木のオイルはとてもコスパがいい上に良質でオイルのみ

の成分です。


このやり方を始めてもう6年ですが、飲みすぎた日の翌日以外は...

素肌の状態に満足しています。昨日はついつい飲みすぎました..。

いかんいかん。